FC2ブログ
YNさんとの体験談②
仕事の都合で更新が遅くなり申し訳ありません。
この間にお問い合わせいただいた方には、まだ舐め犬の活動をしているかのか
ご心配をおかけした方もおりますが、このブログを閉鎖しない限りは活動していますので、
お気軽にお問合せください。

YNさんとのこれまでのやり取りは以下のページです。
YNさんとの体験談①

YNさんのご要望に応じて再度舐めていきます。
ほとんど休憩をしていないので、感度はまだ先ほどと変わらず高い状態に維持されていたので
その感度を維持してもらうように舐めていきます。

秘部の奥を舌を使って舐めていきます。まだまだ濡れているので
ここで指を使います。1本目の指を入れて、Gスポットへ指で押しながら刺激します。

「はぁ、はぁ」

また息づかいが荒くなってくるのがわかります。そのままGスポットを刺激しながら
舌を使ってクリトリスを舐めます。舌を回転させて刺激を与えたり、舌でビンタするように刺激を与えたりしていくと

「また、逝っちゃう!!」

身体をビクビッとさせていっていただきました。また休むか尋ねましたが、
そのままずっと責め続けてほしいとの要望でしたので、次は指を2本入れて刺激します。

指が2本になると、かなり複雑な動きをすることができます。
Gスポットを交互に刺激することで、1本ではできない断続的な刺激を与えたり、
一方の指で正面の刺激、もう一方の指で左右の刺激を与えることができます。

感度の上がったYNさんはここから指で何度も逝っていただきました^^
もちろん口ではクリトリスを刺激したりして、クリトリスと秘部の刺激を続けます。

数えられないくらい逝っていただき、私の指もさすがに疲れてきたので
指を抜いて休憩しようと思いましたが、

「まだ、続けて」

そう言われると断るという選択肢はありませんので、次はもう片方の手を使って続けます。

ここでも何度か逝ってもらうと、

「お願い、いれて。。(恥)」

とお願いをいただきましたので、今回は挿入による刺激も行いました。
指以上に奥を刺激できるので、指以上の逝きを体験いただけました。

私もさすがに限界をむかえ射精を終えたところで、すばやく抜いてまた指の刺激です^^
私の腕が限界になるまで刺激を行い、YNさんも満足していただけました。

かなり私も動いたので、翌日は軽い筋肉痛になっていましたが、大変満足していただけて
舐め犬としては、とても喜ばしいことでした。

また更新します。
スポンサーサイト
[PR]






管理者にだけ表示を許可する






Copyright © 舐め犬 信太の生活. all rights reserved.