FC2ブログ
YNさんとの体験談①
YNさんとはカカオでやり取りをさせていただいていまして、
希望のプレイなどを色々話をし、1週間後にお会いする約束をしました。

すると2日後にYNさんからお昼に突然の連絡が。
「突然ですが、今日空いてますか?」

仕事の移動中に見てしまい、近くには同僚がいる。
さすがに同僚の前では返信もできず、どうしようかと頭をフル回転。同僚との仕事話は上の空(^-^)

追い討ちをかけるようにまた連絡が。
「舐めて欲しいな~」

ここまで言われると舐め犬として舐めずにはいられません。
上司に直談判で時間休を取得し、いざYNさんのもとへ向かいます。

YNさんにお会いすると、カカオの積極性は全く感じられない
おしとやかな女性で思わず本人ですよね?と確認してしまいました(^-^)

こくりとうなずくYNさん。そのまま近くのホテルに入ります。
まずはYNさんにシャワーしていただくと、恥ずかしそうに頷いてシャワーに入ります。
その後私もシャワーに入り、舐め犬タイムがスタートです。

事前に胸も重点的に舐めて欲しいとリクエストがあったので、胸から舐めていきます。
声を出さないように頑張っている姿に萌えながらら、右と左を交互に舐めながら様子をみます。

「気持ちいいですか?」
と聞くと、またこくりと頷いてくれます。そのまま胸をひたすら舐めていきます。
手で身体を触れていくと、少しずつ感度が上がっていくのがわかります。
それに合わせて、少しずつ舐め場所を下半身に移していきます。

ゆっくりと全身を舌を這わせながら、女性の秘部へと近づいていき、両手でYNさんの両足を拡げます。
既に愛液が溢れており、太ももに付いた愛液が太ももと秘部を結んでいます。

「舐めていきますね。」
とお伝えすると、こくりと頷ずくYNさん。

まずは、太ももに付いた愛液を舐めとります。
びくっと反応するがわかりましたので、そのまま両太ももを舐めていきます。
続いて、大陰唇を丹念に舐めていきますが、焦らすために、
クリや秘部には触れないように丁寧に大陰唇のみを舐めます。

時折、クリに触れるか触れないかぐらいに舐めると、びくびくっと反応していただけます。
さっきよりも確実に感度が上がっており、思わずYNさんが
「うっ」
と声を漏らします。

「気持ちいいですか?」
とまた聞くと、縦に一生懸命何度も振っていただけました。ここでようやく秘部を舐めます。
感度が高まった状態ですので、反応もかなりよくなっています。
溢れんばかりの愛液をジュルジュルっと音をたてながら吸っていきます。

そして、秘部の奥を舌を使って舐めあげます。
「はぁはぁ」
と息遣いが荒くなるYNさん。もっと奥まで届くように両足を拡げて舐めていきます。
奥を舐め続けたことで顔が愛液まみれになりました(^-^)

次にクリを舐めます。ソフトキスをするようにクリにキスをし、
そのクリを重点的に舐めていきます。舌を上下に動かして舐め、左右に動かして舐めます。

だんだんと声が大きくなり、益々感度が上がってきます。そのままひたすら舐めていくと、

「駄目、いきそう!!」

と言って本日1回目の頂点にきました。

「休みましょう。」
と言って少し休憩をします。軽く雑談をしようとするとYNさんが私の愚息を掴んで、しごいてくれます。

今度は私が責められる番になり、はあはあと悶えてしまいます。
これ以上はというところでストップしてもらい、
「また、舐めましょうか?」
と言うと、こくりと頷いてくれます。

YNさんは20代前半の方なので元気です。
休憩なしで、そのまま2回戦が始まりました。

ここからは次回に書きます。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!




Copyright © 舐め犬 信太の生活. all rights reserved.