FC2ブログ
KYさんとの体験談①
KNさんはメールでやり取りをさせていただき、希望内容を確認すると、

********************************************

プレイ内容……ですが……
ちょっと無理やりっぽくお願いします。

********************************************

最近はMの方とやり取りさせていただくことが多いです(^-^)
早速、お会いする約束をし、目隠しや手枷などを準備して待ち合わせ場所に向かいます。

早めに到着しとことを連絡すると、KNさんも到着したとのことで、
待ち合わせ場所で待っていると小柄で眼鏡をかけた女性がやってきます。
声をかけると、やはりKNさんで、こんな可愛らしい方が無理やりっぽく舐められたいとは誰も考えられないです(^-^)

ホテルのソファーで雑談をしますが、ちょっと緊張されているようですので、

「マッサージしますね。」

手を出してもらい、まずは手をマッサージします。

KNさんにも笑顔が出てきてさっきよりも色んな話ができるようになります(^-^)
KNさんは映画鑑賞が好きで休日は映画館に行ったり、家でDVDを借りて見ているとのこと。

そんな雑談をした後に、舐めることの話をすると、今日はそのまま舐めて欲しいとのこと。
そのため、シャワーをせずに服を脱がせながら舐めていくことになりました。

まだ緊張されている感じがしたので、無理やりっぽく舐めるのは後にして、まずは優しく舐めていきます。
耳を舐めると、すごく感じていただけたので、まずは耳を中心に首もとまでを舐めていきます。

「あっ、うぅ・・」

声を出しながら感じています。そのまま、服を脱がせて、ブラジャーを外して胸を舐めていきます。
乳首が感じるようで、交互に舐めていくと、声を圧し殺すようにして感じているのが分かります(^-^)
手の指や足の指まで全身を舐め、パンツを脱がすと、既に濡れたアソコはいやらしい匂いがします。

まずはクリトリスを舐めていきます。クリトリスの皮の上から舌をねっとりと当てて舐めていきます。
クリトリスの上からなので、まだ刺激は強くないのか気持ちいい感じになっていただけます。
そのまま舐め続けた後に、クリトリスの皮を手で剥いで、直接刺激するように舌を当てて舐めると、
さっきまでと異なり、身体をモジモジさせながら感じています(^-^)

クリトリスを十分に舐めた後は中を舐めていきます。
まずは表面に対して音をたてて舐めていき、中を舌を使いながら舐めていきます。
十分に濡れていることが確認できまのめ、中に指を入れながら舐めていきます。

クチャクチャとKNさんから溢れでる愛液の音だけが部屋に鳴り響きます。

今回のホテルにも部屋に電マがあったので、電マを使って刺激します。
電マで刺激を続けると、

「あ~、駄目、気持ちいい。」

「駄目、いきそぅ」

という声が聞こえるので、イっていいとお伝えすると、

「あ~、イクッ」

と声を出してイっていただきました。イった後にこちらを向き

「オモチャもよかったけど、クンニもすごく気持ちいい♡」

と言っていただけ、私も満足でしまた。
まずは一回イっていただいたので、少しベットで休憩します。
先程の映画の話をすると、ちょっと古い映画も好きなようで、パルプフィクションなどの話で盛り上がりました(^-^)

小休憩を挟んで、次は無理やりっぽさを出すため、手枷をして自由を奪っちゃいます。
ここからは次回に記載します。
スポンサーサイト
[PR]



SYさんとの体験談②
SYさんとのこれまでのやり取りは以下のページです。
SYさんとの体験談①

SYさんは一回目のプレイで大分お疲れのご様子。
そのため、少し休憩しました。軽く雑談をして休憩したいただいた後に再度舐め始めます。

次はもっと動けないようにしようと、SYさんの手首と足首を足枷で拘束します(^-^)

こうすると、女性からは動くこともできなくなります。また、股を閉じようと思っても上手く力が入らず、私主導で舐めることができます。

バックの体勢で手足を拘束したので、あそこは丸見えです。先程のプレイで既に濡れたあそこをしゃぶりつきます。

お尻を突き上げるようにしてもらい、その姿勢から舐めると、あそこと顔が密着できるので、より舌を使って舐めることができます。その代わり、女性はその姿勢を維持しないといけないので、つらいと感じる方もいらっしゃいます。

SYさんは恥ずかしそうにしながら感じているので、まだまだこの姿勢で大丈夫そうです。

「あっ、あ、うっ、う」

この姿勢のまましばらく舐め続け、次は指を入れて手マンの開始です。
まずは一本目の指を入れてGスポットを刺激します。Gスポットを刺激しつつ、膣の奥、側面を刺激して感じていただきやすいポイントを探ります。

SYさんの場合、もう一本指が入りそうなので人差し指と中指を入れて刺激してします。
2本の指を入れることで、人差し指と中指で交互にGスポットを刺激したり、中への刺激や掻き出すような刺激など、一本ではできない複雑な動きや刺激の強い動きが可能になります。

クチャクチャと中へから溢れでた愛液が指に絡まり、いやらしい音を奏でます(^-^)
SYさんはその刺激を感じながら、それでもあまり声を出さないように枕にしがみついています。

見てるともっと苛めたくなり、指をさらに高速で抜き差ししたり、奥まで入れこんだりして感じていただきます。

さすがにお尻を突き上げた姿勢でこれ以上続けるのはSYさんもつらそうなので、ここで開放します。

どうでしたかとお尋ねすると、恥ずかしそうにしながら、

「気持ちよかった。」

と小さな声で回答してくれました(^-^)
また、少し休憩を行い、また舐めましょうかと聞くと、

感じ過ぎて身体が動かない

とご回答されましたが、SYさんを見るとまだいけそうです。動けない身体を舐めることにしました(^-^)

「無理、無理、無理~(汗)」

と言われましたが、これは大丈夫なときの無理のようです(^-^)
布団の中に潜り込み舐めていきます。今回は正常位からの舐めです。
身体に力が入らないので、足を大きく開きアソコを舐めると

「んー、んー!!」

と声を押し殺しながら感じていただけています。ジュルジュルっと敢えて音をたてながら舐めたり、奥まで舌を入れてかき回すように舐めたり、クリの皮をむいて舌で転がすように舐めたりと色々な方法で舐めてみます。

息づかいもだいぶ荒くなってきます。次は69の体勢から舐めていきます。太ももを両腕でぐいっと引き上げてあそこが天井向くようにして、そこから舐めていきます。

あそこが顔にフィットするので、更に奥まで舌を使って舐めていきます。SYさんを見ると更に感じているようです(^-^)

両腕の支えを外すとバタンっとベットに脚が落ちます。本当に力が抜けているようです。そんな状態を見て更に苛めたくなり、電マをあそこにあててスイッチオン。

「えっ、何、何!?ホント無理っ!!」

そんな言葉を無視して徐々に振動数をあげていきます。ウィーンという音とともにSYさんの声も小さくなり、また感じているようです。

「はぁ、はぁ、駄目。。」

振動をMAXにしてあて続けると、ビクッビクッとイっていただきました。今回はそのままあて続けます。

「ホント、無理、無理~!」

身体を動かそうとしますが、力が入らず逃げきれません(^-^)電マをあて続け、またビクッビクッっと身体を震わせてイっていただきました。

さすがにこれ以上続けると、まずそうなのでここで終了します。

「一杯感じてイクことができましたね。」

と声をかけると、恥ずかしそうに顔を布団で隠しつつ

「うん、気持ちよかった。」

と回答いただけました。駅でお別れをした後、メールをいただきました。

(以下、抜粋)

**************************************************
今日はありがとうございました。
まだ身体がポワポワしていて、無事にお家まで帰れるか。。(笑)
でも、そのくらい気持ち良かったです。男性の方の前でいくことができて安心できました。本当にありがとうございました。
**************************************************

すごく感じていただけたようで、私も大変満足でした。

また、更新します。


SYさんとの体験談①
SYさんはメールでご依頼いただきました。
メールでお話をしていると、2つのお悩みがあり、依頼をいただきました。
 ①男性の前ではイク経験ができない
 ②女性器の形や匂いにコンプレックスがあり、舐めてもらいたくても頼みがたい

①の話を詳しく聞くと、男性経験はそれなりにあるのですが、男性の前ではイク経験ができないとのこと。
一人ではイクことができるとのことなので、気持ちの面が影響していると思われます。

②については、誰かと比べたりするのかな?と質問すると、AVとかを見て自分の性器の形を気にするようになったとのことでした。
AVを見て、男性が自分の性器の大きさを気にするのと似てますかね?
私の知り合い達の範囲内ですが、別れる原因に性器の形は出てくることもないので、
あまり気にしすぎなくてよいですよとお伝えさせていただきました。

私は超絶な技術を持ち合わしている訳ではないですが、
その人に合ったやり方で行うように心がけていますので、
まずはSYさんのご希望の内容を確認させていただくと、
目隠しされたり、拘束とかにご興味をお持ちでした。

M気質な方のようです(^-^)

NG内容を確認させていただくと、首から上を舐めること(耳は除く)とのことでした。
経験的なことですが、耳舐めOKの方に耳舐めすると一杯感じていただけることが多いです(^-^)

ご要望等を確認させていただいたので、その内容に合わせてどのように舐めるか考えながら、当日になりました。

ドンキホーテの前で待ち合わせでしたので、待ち合わせより早くに行き、
拘束するための道具をドンキで調達していると、SYさんも既に到着されたとの連絡を受けて急いで向かいます。
今回は事前に雰囲気がわかる写メをいただいていたので、すぐに分かりました。
細身のキレ可愛いい方で、既にお酒も買っています(^-^)

軽く挨拶をして、ホテルに入ります。まずはお酒で乾杯し、雑談をします。
SYさんは初対面でも打ち解けやすい雰囲気の方でした。
話を聞くと仕事は不動産関連のお仕事をされており、横浜エリアを担当されているとのこと。
横浜の各地域の特性などを教えてもらいました。
横浜といってもいろんな場所があり、勉強になりました。

お互いシャワーをした後、舐めるための準備ができたので、
SYさんをベットに誘うと、今までの感じから一変し、少し緊張している様子。

まずは緊張をほぐそうと、いきなり舐めたりはせず、マッサージでリラックスしてもらいます。
背中、腰を中心にマッサージを行い、緊張が和らいできたかなというところで、仰向けになってもらいます。
ここからは舐め犬タイムです(^-^)

耳はOKとのことでしたので、首回りから舐めていき、耳を舐めます。
ビクビクッと動く仕草から、予想通り耳は感じやすいようです(^-^)

耳の周辺を優しくゆっくり舐めていき、
耳の穴は激しく舌を出し入れするように緩急をつけて舐めていきます。

モゾモゾと動き出そうとしますが、逃がしません(^-^)。
身体が動かないように固定し、両方の耳を同じように舐めて感じていただきます。

ある程度舐めたところで、上半身も舐めていきます。
脇や胸を舐めていきますが、やはり胸は感じるようですので、
胸も乳首を転がすように舐めたり、吸い付いたりして舐めていきます。

上半身を一通り舐めた後は下半身に移ります。あそこは既に濡れていますが、
ここですぐに舐めることはせず、太ももなどを舐めて素通りします。

足の先端まで舐めていき、私から

「足の指も舐めて大丈夫ですか?」

と聞くと、恥ずかしそうに頷きます。手で顔を隠す姿はとても可愛いいです(^-^)

早速、足の指を一本ずつ丁寧に舐めていきます。初めてとのことでしたので、感想を聞くと
何か変な感じだけど、気持ちいいとお答えいただきました。

全身を舐め終えたところで、もう一度あそこに戻ります。
先程よりもあそこは濡れてきています。

ここでSYさんのご要望だった目隠し&手錠の拘束をします、
一杯責めて欲しいとのご要望でしたので、まずは手の自由を奪ってみました(^-^)

準備ができたところで、まずは大陰口の辺りから舐めていきます。
事前にNGを聞いたときには回答がありませんでしたが、
聞くとアナルはNGとのことでしたので、今回はアナル舐めはしません。

太ももや大陰口を中心に舐めていきます。
まずは周辺部から舐めていき、いよいよクリトリスを舌を使ってペロッと舐めます。
舐めたと同時に体がビクッと反応しているのがわかります。
まずはクリトリスを丹念に舐めていきます。吸い付いたり、舌を使って舐めまわしたり。

クリトリスの後は既に十分濡れているアソコを舐めます。
まずは表面を全体的に舐めていき、側面、そして中に舌を使って差し込むように舐めていきます。
SYさんが聴覚から自分の濡れ具合をわかるように、あえて音を出してすするように舐めたりします。

存分に舐め犬を体験していただいたところで、今回は電マを使います。
事前に聞くと大人のおもちゃにも興味あるとのことでした。

電マを使う場合は、ちょっとしたコツ?があります。
いたって簡単ですが、持っている手は極力動かさず、固定して振動を与えることです。

SYさんに電マをあてると、ビクビクッと動いています。
痛くないですかと聞くと、気持ちいいとのことですので、このまま続けていきます。
気持ちいいとのことなので、ここからは逃がしません(^-^)

脚を動けないように手で固定して電マを当て続けます。

「うぅぅ、あっ」

押し殺すような声を出しながら体をよじって、振動を避けようとします。
脚を固定しているので逃げることはできず、ひたすら電マ攻撃です。

そして、少しずつ振動数をあげていくと、感じる仕草もどんどん上がっていきます。
電マの振動がMAXになったところで、

「気持ちいいですか、逝っていいですよ。」

と言って少し当て続けると

「んんー、あーッ!!」

身体をビクビクッと痙攣したように震えていました。イッていただけたようです(^-^)
おもちゃの力を使いましたが、初めて男性(舐め犬)の前で逝くことができました。

だいぶお疲れのようでしたので、ここで休憩に入ります。

この後はまだ次回に書きます。


YAさんとの体験談
YAさんからメールでご依頼をいただき、まずはご要望を確認させていただきました。
お話しする中で、大きく特長としては以下のようでした。
 ① 指入れで痛い思い出がある
 ② 恥ずかしいので極力部屋を暗くして欲しい

①について詳しくお話させていただくと、以前に他の舐め犬の方を利用され、
その際の指入れが物凄く痛く、そのイメージがずっと残っているとのことでした。
指入れは慎重に入れないと、こういうイメージがついてしまいますよね。無理に入れてしまったんのでしょうか。

②については、あまり暗くすると私が上手く舐められないですが、舌の感覚を頼りに頑張るしかありません^^

YAさんのご指定の場所には早くに着いたので、近くのホテルの場所を見て回る(私は初めて行く場所でした)と、
YAさんが到着したとのことで、急いで待ち合わせ場所に行き、雑談をしながらホテルに向かいます。

YAさんはメールのやり取りから、恥ずかしがり屋なのかとイメージしていましたが、
色々とYAさんからお話をしていただき、初めての場合の変な間?もなく会話が弾みました。

シャワーの後、早速舐める準備を始めましたが、無音ではなく、
音楽をつけてほしいとのことで、ホテルにある音楽を選びますが、こういう時の音楽って難しいですね。
リラックスしていただいくためには、マッサージとかに流れるような音楽がよいのでしょうか、
予め決めておいた方がよいなと思いました。

準備ができたので部屋は真っ暗にして、舐め始めます(^-^)
まずは胸から舐めて行きます。優しく、ゆっくりと舐めていきますが、
YAさんは声を出すタイプではなく、暗やみであまり見えないので、
微かな反応を頼りに、YAさんが気持ちよくなる場所をさぐります。

人により乳首を吸い付くように舐められたい人や表面をなぞるように舐められたい人、
右と左でも感じ方が異なるので、その辺りを見ながら舐めていきます。

また、全身も舐めてほしいとのことでしたので、おなか部分や背中も舐めていきます。
一通り全身を舐め終え、秘部に向かい舐めていきます。

秘部を舐めると、それまで声がほとんど出なかったYAさんから声が漏れてきます。
全身を舐めていった後なので、既にかなり濡れています(^-^)

YAさんは男性経験(舐め犬経験は一度あり)はないとのことでしたので、
クリトリスはあまり執拗に吸い付いたりせず、舌で転がすように舐めたり、表面を舐めていきます。

暗やみの中でも感じてきているのが分かるので、ここで仰向けの体制から
うつ伏せになってもらいうつ伏せの体制で舐めます。
その後四つん這いの体制になってもらい、秘部に指を入れていきます。

「痛くないですか?」

聞くと、全く痛くないとのことで、そのまま指を入れていくと、YAさんから予想外の言葉をいただきます。

「えっ、指を全部入れたんですか?全部入ってる感じが全くないです(驚)」

四つん這いになると、正常位とは異なり状態になるので、指等に抵抗がある場合等にはオススメです。
そのままゆっくり指を動かして、中での快感を味わっていただきました。
ただ、長時間の経験は持っていらっしゃらないので、軽くで止めて、
また正常位になってもらい舐めを再開します。

やり過ぎることなく、またやってほしい、気持ちよかったという記憶になることがYAさんのためになると思います(^-^)

この後もしばらく舐めさせていただくと、先程よりもかすかに声が聞こえてきます。

「んっ、うっ」

と我慢しているなかから漏れ聞こえる声っていいですね(^-^)
そのまま暫く舐めさせていただきました。

一度休憩していただき、その後にまた舐めようと二人でベットに横になりました。

ここで私がミスをしてしまい、少し休むつもりが爆睡してしまいました。。
YAさんは気を使って、そのまま寝かせていただいたので、
私が目を覚ますと、もう舐める時間がありません(涙)

YAさんに謝ると、疲れてたんですねと優しく接していただき、大変申し訳ない気持ちになりました。

次はこのようなことにはならないように前日は睡眠を十分に取るようにしています。

また更新します。


ちょっと変わったご依頼
早いもので梅雨も明けて夏真っ盛りですね。
ブログの更新が遅く、また問い合わせしていただいた方から、まだ舐め犬活動されていますか?との問い合わせがありました(笑)
これからも不定期に更新を頑張りたいと思います。

さて、今回ご依頼いただいた方は舐め犬として問い合わせいただきましたが、舐めて欲しいところがいつもと違う箇所でした。
具体的には顔を重点的に舐めて欲しいということで、Messyに分類される感じでしょうか。
加えてローションを使ったマッサージ?という内容でお会いさせていただきました。

ブログの内容と若干異なりますので、体験談は割愛させていただきますが、もし、他の方でも興味がある方はお気軽にお問い合わせください。





Copyright © 舐め犬 信太の生活. all rights reserved.