FC2ブログ
YNさんとの体験談②
仕事の都合で更新が遅くなり申し訳ありません。
この間にお問い合わせいただいた方には、まだ舐め犬の活動をしているかのか
ご心配をおかけした方もおりますが、このブログを閉鎖しない限りは活動していますので、
お気軽にお問合せください。

YNさんとのこれまでのやり取りは以下のページです。
YNさんとの体験談①

YNさんのご要望に応じて再度舐めていきます。
ほとんど休憩をしていないので、感度はまだ先ほどと変わらず高い状態に維持されていたので
その感度を維持してもらうように舐めていきます。

秘部の奥を舌を使って舐めていきます。まだまだ濡れているので
ここで指を使います。1本目の指を入れて、Gスポットへ指で押しながら刺激します。

「はぁ、はぁ」

また息づかいが荒くなってくるのがわかります。そのままGスポットを刺激しながら
舌を使ってクリトリスを舐めます。舌を回転させて刺激を与えたり、舌でビンタするように刺激を与えたりしていくと

「また、逝っちゃう!!」

身体をビクビッとさせていっていただきました。また休むか尋ねましたが、
そのままずっと責め続けてほしいとの要望でしたので、次は指を2本入れて刺激します。

指が2本になると、かなり複雑な動きをすることができます。
Gスポットを交互に刺激することで、1本ではできない断続的な刺激を与えたり、
一方の指で正面の刺激、もう一方の指で左右の刺激を与えることができます。

感度の上がったYNさんはここから指で何度も逝っていただきました^^
もちろん口ではクリトリスを刺激したりして、クリトリスと秘部の刺激を続けます。

数えられないくらい逝っていただき、私の指もさすがに疲れてきたので
指を抜いて休憩しようと思いましたが、

「まだ、続けて」

そう言われると断るという選択肢はありませんので、次はもう片方の手を使って続けます。

ここでも何度か逝ってもらうと、

「お願い、いれて。。(恥)」

とお願いをいただきましたので、今回は挿入による刺激も行いました。
指以上に奥を刺激できるので、指以上の逝きを体験いただけました。

私もさすがに限界をむかえ射精を終えたところで、すばやく抜いてまた指の刺激です^^
私の腕が限界になるまで刺激を行い、YNさんも満足していただけました。

かなり私も動いたので、翌日は軽い筋肉痛になっていましたが、大変満足していただけて
舐め犬としては、とても喜ばしいことでした。

また更新します。
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!


YNさんとの体験談①
YNさんとはカカオでやり取りをさせていただいていまして、
希望のプレイなどを色々話をし、1週間後にお会いする約束をしました。

すると2日後にYNさんからお昼に突然の連絡が。
「突然ですが、今日空いてますか?」

仕事の移動中に見てしまい、近くには同僚がいる。
さすがに同僚の前では返信もできず、どうしようかと頭をフル回転。同僚との仕事話は上の空(^-^)

追い討ちをかけるようにまた連絡が。
「舐めて欲しいな~」

ここまで言われると舐め犬として舐めずにはいられません。
上司に直談判で時間休を取得し、いざYNさんのもとへ向かいます。

YNさんにお会いすると、カカオの積極性は全く感じられない
おしとやかな女性で思わず本人ですよね?と確認してしまいました(^-^)

こくりとうなずくYNさん。そのまま近くのホテルに入ります。
まずはYNさんにシャワーしていただくと、恥ずかしそうに頷いてシャワーに入ります。
その後私もシャワーに入り、舐め犬タイムがスタートです。

事前に胸も重点的に舐めて欲しいとリクエストがあったので、胸から舐めていきます。
声を出さないように頑張っている姿に萌えながらら、右と左を交互に舐めながら様子をみます。

「気持ちいいですか?」
と聞くと、またこくりと頷いてくれます。そのまま胸をひたすら舐めていきます。
手で身体を触れていくと、少しずつ感度が上がっていくのがわかります。
それに合わせて、少しずつ舐め場所を下半身に移していきます。

ゆっくりと全身を舌を這わせながら、女性の秘部へと近づいていき、両手でYNさんの両足を拡げます。
既に愛液が溢れており、太ももに付いた愛液が太ももと秘部を結んでいます。

「舐めていきますね。」
とお伝えすると、こくりと頷ずくYNさん。

まずは、太ももに付いた愛液を舐めとります。
びくっと反応するがわかりましたので、そのまま両太ももを舐めていきます。
続いて、大陰唇を丹念に舐めていきますが、焦らすために、
クリや秘部には触れないように丁寧に大陰唇のみを舐めます。

時折、クリに触れるか触れないかぐらいに舐めると、びくびくっと反応していただけます。
さっきよりも確実に感度が上がっており、思わずYNさんが
「うっ」
と声を漏らします。

「気持ちいいですか?」
とまた聞くと、縦に一生懸命何度も振っていただけました。ここでようやく秘部を舐めます。
感度が高まった状態ですので、反応もかなりよくなっています。
溢れんばかりの愛液をジュルジュルっと音をたてながら吸っていきます。

そして、秘部の奥を舌を使って舐めあげます。
「はぁはぁ」
と息遣いが荒くなるYNさん。もっと奥まで届くように両足を拡げて舐めていきます。
奥を舐め続けたことで顔が愛液まみれになりました(^-^)

次にクリを舐めます。ソフトキスをするようにクリにキスをし、
そのクリを重点的に舐めていきます。舌を上下に動かして舐め、左右に動かして舐めます。

だんだんと声が大きくなり、益々感度が上がってきます。そのままひたすら舐めていくと、

「駄目、いきそう!!」

と言って本日1回目の頂点にきました。

「休みましょう。」
と言って少し休憩をします。軽く雑談をしようとするとYNさんが私の愚息を掴んで、しごいてくれます。

今度は私が責められる番になり、はあはあと悶えてしまいます。
これ以上はというところでストップしてもらい、
「また、舐めましょうか?」
と言うと、こくりと頷いてくれます。

YNさんは20代前半の方なので元気です。
休憩なしで、そのまま2回戦が始まりました。

ここからは次回に書きます。


AKさんとの体験談②
AKさんとのこれまでのやり取りは以下のページです。
AKさんとの体験談①

すぐには舐めていかず、じっくり焦らすように太腿から大唇陰、小唇陰と舐めていきます。
AKさんは恥ずかしそうに声を押し殺すように我慢をなさっていたので、「声を出しても大丈夫ですよ。」
と伝えるとすこしずつ声が漏れてきます。

クリトリスに軽く触れるように舐めると、「あっ、うぅっ。」と反応が大きくなるのがわかります。
優しく丁寧に舐めていくと、あそこから愛液が溢れてきます^^

ホテルに向かうときに、色々な体勢で舐められてみたいとのことでしたので、
バックの体勢になってもらい舐めていきます。指も入れてほしいとのことでしたので、
指を出し入れしながらGスポットを刺激しつつ舐めていきます。
途中でアナルも舐めると、「ここも気持ちいですね。」とのことでしたので、少しの間アナルも舐めます。

アナルをある程度舐めると、次は私が下になり顔面騎乗の体勢になってもらい舐め始めました。
腰を動かして舐めてほしいところを押しつけていいですよーと言って舐めていましたが、
体重で押しつぶしてしまいそうと遠慮がちでした^^

次にAKさんには立っていただき、立ちクンニを行います。立ちながらのクンニは感じると姿勢を保つのが難しそうでしたので、
そのままベットに横になってもらいクンニを再開します、
指入れされながらクリを舐められるのが気持ちいとのことで、Gスポットを刺激しつつクリを舐めてきます。

吸い付くように舐めていくと、「すごく気持ちい♡」とのことで、
私が「痛くないですか?」と尋ねると全然痛く感じないらしく
むしろ気持ちいいとのことですので、吸い付くように舐めます。

AKさんが声をあげるのに合わせて私も声を出していくと、先ほどまであまり大きくなかったAKさんの声が
徐々に大きくなります。「あん。」、「あー!」、「いぃ!」、「気持ちいい!」
と声に合わせて少しずつ感度もあがり、膣も収縮を繰り返して感じているのが舐めている状態からもわかってきます。

「どうですか、どこが気持ちいいですか。」と聞くと、

「クリが吸われて  
 あー! 
 指も気持ちい!!」


といっていただきました。AKさんがぐったりされてベットで横になられているので、ハグをしながら少し会話をしました。
最近はご無沙汰のようで、久々にすごく気持ちよかったとのことで舐め犬冥利につきます。

待ち合わせした駅は友達とよく飲んだりしている町だそうで、帰りは色々と町のことを教えてもらいました。
AKさんはこの駅に自転車で来ているとのことで、自転車で帰宅されるのを見送り、私も自宅に帰りました。

また更新します。


AKさんとの体験談①
ブログの更新が遅れておりました。舐め犬活動は今でも実施しております。
お問い合わせいただいた方には、まだ活動をしていいる?といったお問い合わせもあり、
ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

さて、少し前の話になりますが、AKさんとの体験談になります。
AKさんとは掲示板に募集をされているのを拝見し、私の方から連絡しました。
こういう募集をするのは初めてだから不安ということもあり、AKさんの不安と思われている内容を確認し、
いくつか日程の候補日を出して、AKさんの都合のよい日に会うことになりました。

私もそうですが、お会いする前が一番どきどきします。やはりAKさんも不安であるとおっしゃって駅前集合をしていましたが
なぜか近くのコンピニ前となりました^^
無事お会いできた後は、まずは自己紹介をし、私でもよいとご回答いただきホテルを目指しました。

待ち合わせ後した駅の周辺にはホテルが一つしかなく、生憎の満室。。
そのためビジネスホテルを利用することにしました。AKさんをだいぶ歩かせてしまい申し訳なかったです。

まずはシャワーをしてもらい、私がその次にシャワーをしました。
私から舐め始めてよいかと尋ねると、「恥ずかしいので、真っ暗にしてください。」
とのことでしたので、電気を消して早速舐め始めます。

「私、太っていてその。。恥ずかしいー。。」とすごく自信なさげにお話しされますが、
私から見ると程よく抱きしめると気持ちいい感じでしたので、最初は抱きついて頭を撫でて落ち着いてもらいます。
そして、まずは首筋から舐め始めていきます。恥ずかしさのため、必死に声をこらえていましたので、私から
声を出してもいいですよ。と声をかけ、少しずつ感じでいていただけるようになりました。

首筋、胸と舐めていき、次は脚から足と舐めます。「足なんて舐められたことない(恥)。。でも気持ちいいですね。」
と満足いただけましたので、そのまま足も舐めていきます。全身を舐めていき緊張がほぐれてきたところで
アソコを舐め始めていきます。舐める前に確認すると、すでに濡れてきていましたので、「では、舐めていいですか?」
と聞くと、コクッと頷いてくれました。

ここから先はまた次回に書きます。


Nさんとの体験談②
Nさんとのこれまでのやり取りは以下のページです。
Nさんとの体験談①

さっそくアソコを見ると、暗い部屋ではありますが濡れてうっすら光っているのが分かります。
いつものようにいきなり舐めていくのではなく、周りからゆっくり舐めていこうとすると、
Nさんの両脚が私の肩に乗っかり挟みこみ、身動きの取れない私を両足でNさんのアソコに近づけます。

強制的にアソコを集中的に舐めさせ、さらに自分が感じられるポイントに脚を使って私の身体を移動させ
舐めさせるようにします。「そう、そこっ、うん、もっと」いきなりのことで
驚いていましたが、Nさんからの指示通り舐めていくと、「あっ、あっ、駄目、出る」
お○っこを出されました。思わずのことで飲めずに顔にかかってしまうと、「ちゃんと飲んで」と叱られました。

Nさんは感じてしまうと出てしまうようでその後も出てくるので、私もそれに合わせて飲んでいきました。
ただ、私はまだまだ舐め犬として半人前ですので全て飲みこむことはできず吐き出してしまうと
Nさんが大丈夫と気遣ってくれました。

Nさんは上半身を立ち上げ、今度は顔面騎乗の体制になります。そしてNさんのあそこを私の顔面に擦り付け
舐めるように指示します。アソコが顔面に覆われると呼吸も困難な状態になるので、呼吸を確保しながら舐め続けます。
ここでもNさん優位で舐めていくので、私はそれに応えるようにただ舌を使って舐めていきました。

その状態でもNさんはお○っこが出てしまうので、私はNさんの愛液とお○っこで顔面がびちゃびちゃになりましたが、
それを構うことなくNさんは私の顔の上で腰を振られ感じておられます。

「もっと舌を使って、奥まで入れて舐めて」と積極的に舐める場所を指示されるので、
それに合わせて舐めていきます。こんな形で舐めるのは初めてでしたので、期待を裏切らないように必死で舐めていきました。「あー、気持ちよかった」と満足されたのか顔面騎乗の体制を止め、再び正常位の体制に戻ります。

そこからは私の肩に脚を置き、ひたすら舐めさせていきます。延々続く舐め犬奉仕
ぺろぺろぺろぺろ……

ぺろぺろぺろぺろ……

ぺろぺろぺろぺろ……

Nさんが「そろそろ時間ね、ありがとう、気持ちよかったわ」と言ってもらえるまで
数時間舐め続けていました。終わりは二人で一緒にお風呂に入ってお別れとなりました。

責められながら舐めることは舐め犬として初めての経験でしたが、満足いただけでよかったです。

また、更新します。




Copyright © 舐め犬 信太の生活. all rights reserved.